東方神起10周年に込められたゆのとちゃみ二人の素直な思い。

 2013-12-30
来年1月6日発売予定の第7集アルバムのタイトルは「TENSE」

ラテン語の「時」だそうです。「TONE」「TIME」そして「TENSE」へと続く。

あれっ?どれもTで始まりEで終わるタイトルになってますね。

これが次に控える春のアルバムのタイトルのヒントになりそうです。

英語とは限らないんでしょうね。さて、みなさんなんでしょうね?



今回ライブビューイングはとっても楽しかったのですが


昨日も少し残念だったとお話しましたがやっぱり言葉の壁が高かったことです。

日本でビューイングがあることを知っている二人がゆっくり話してくれているのは感じましたが

いくら耳をダンボにしても悲しいかな聞き取れる分けもなく。。。。(~_~;)

ニッサンの動員数やいちごの話をしてるんだなぁ~くらいな感じで。

一日目はビギ率高かったらしくカシちゃんがツイで駅での日本のビギストの多さに驚いたと。

韓国のコンサートではファンも一緒に歌うのが恒例だとか

@韓国の 동방신기 コンサートは いつも席でもスタンディングも皆立てて
一緒に歌を歌ったり 、でかい声で応援の叫びするのが定番です。
ユンホとチャンミンが何度も 立ってください! 一緒に歌ってください!て
言ってたのに゚(゚´Д`゚)゚韓国のコンサートで동방신기と一緒に遊びましょ!!

ちゃみが何回もなぜいつまでも座っているんですか?立って一緒に歌いましょう~って

言っていたそうですが郷にいれば郷に従えって言うけど日本では考えられないことですよね

カシちゃん達と楽しそうにかけあいながら話すちゃみを見ていて

やっぱり東方神起の土台はここなんだとどちらが大事とかではなくここがホッと息をつける家なんだな。

ゆっくりこの二日の記事を巡っていたらあの場所で二人が話した言葉の内容を知るにつれて

何も言わずに見守り続け待っていてくれたゆのとちゃみ二人のカシオペアへの誠実さと優しさ

そしてこの10周年のコンサートができたことへの喜びを改めて感じた。



韓国カシオペア公式ホームのイントロページのお祝い文訳】
http://tvxq.smtown.com/Intro

o0525052012792949881.jpg


@iruka0206
東方神起ユノユンホ、チェガンチャンミンが歩んだ3650日!
10年間の時間、彼らと共に泣いて笑って、栄光の瞬間に感激して、
辛い時はお互いに慰めなが ら一緒に歩むことが出来て幸せでした。
これからも東方神起と共にもっと力強く歩んで行きます。
どんなときも誇らしい東方神起を応援します






昨日は二人の歌の他にも二人の心の中を打ち明けた心が込められた言葉が
子供時代や二人の輝いた時、辛かった時の映像とともに流れるvcrが沢山流れて、
ステージでは瞬時気の利いたウィットや二人の息がびったり合ってからこ
その楽しい可笑しいMCが覚え出せないくらい一杯聞けて幸せだった。

歌もパフォーも素晴らしかったけど本当にVCRも含めてステージの上でも
二人は話たいことが沢山あったようで、今までのツアーやコンサートとかでは
二人がどうやって我慢したかな?って思ったくらいwwあんな楽しいおしゃべりな
コンサートでとっても良かったと思う。

MCの際、二人がお互いに褒め合ったのがwwww チャンミン:鳥肌たつように可愛いです!
ユンホ:(チャンミンも)鳥肌たつようにハンサムだよ! カシオペア:....(鳥肌立ちまくり)

Dolphin ‏@iruka0206 12月26日
子供時代からの画像vcrの後でユンホがチャンミンに感想を求めたら、
チャンミン:やっぱ僕は昔から。。
カシ:ええっ!
チャンミン:分かってるよ、昔に比べたら今本当に格好よくなったと思ってるから。
ユンホヒョンは?
ユンホ:僕は昔からも顔が小さかったね!(この時二人の表情の可愛さ!)

チャンミンは日本での成果を説明しながら「こうして僕達が留守しても
日本で気楽に活動出来るように家を守ってくださる皆さんの気苦労のお陰です。
だから日本で集中して頑張ることもできました」と言ってくれた。
カシオペアのことをメンバー、家族とも言ってくたが、「家」と言ってくれて嬉しかった。

今日は日本での成果を説明した後、
ユンホが「これは誰よりもカシオペアが譲ってくれて我慢してくれたお陰です。
家を出た息子を待つ母のように時には彼女の ように待ってくれたカシオペアに感謝します」と
言ったらチャンミンが「おじぎ(韓国式で身を伏してる)をしたいくらいです」

二人は本当にカシオペアが今まで抱いていた思いや心をよく知っていたようで、
その部分に直接ふれて暖かい笑いや労いで慰めてくれたの。

ユンホはアンチに よって一般人からも笑いや揶揄のネダにもなったことをわざと
軽い冗談まじりで触れて長年悔しい思いだった
カシオペアまでも笑い飛ばすことが出来た


コンで流れるvcrでは二人の肉声が入れ代わりで10年間の色んな思いや出来事を振り返えるんだけど、
背景の子供時代からの画像の上に2人の淡々とした語調でデビューしてからの輝いた時間、
辛かった時期などを季節の入れ代わりに例え語る部分でじーんときた。

‏@iruka0206 12月26日
そのVCRの中で、ユンホとチャンミンが「道に迷ったり新しい道 では自分で歩んで来た跡を
標識するのたがその標識が雪とか砂に覆われ見えない時もある。
でも雪は時が来ると解ける、砂は風で飛ばされるから自分の残した標識はちゃんと分かれる」
みたいなことを語ったので胸と目頭が熱くなったの。。


‏@iruka0206 12月27日
チャンミンがカシオペアに感謝の意味ともうすぐお正月だから韓国式お辞儀をしたいというので
ユンホも「そうしよう!」といい、2人はステージでおじぎをしたの。
私こそ東方神起におじぎしたいのに。。。。

HowAreYou終わって
チャンミン「この歌でとっても感情を込めたようですね。目がウルウルですよ」
ユンホ「この頃は何と無く涙もろくなってるよ」」
チャンミン「30代に近づいたらウリヒョンも涙もろくなってますね」
ユンホ「でも泣かないよ。約束だから」
チャンミンが「我がヒョン」と!

ユンホは今日のライサンででこの10年間で一番頭を振ったとヘッドバンギングをふりかえった。
間奏でのヘッドバンギングは最初ユンホが始めたけど、
チャンミンも強く振るから自分ももっと強く頭を振るようになったとwwww

ちなみにチャンミンはヘッドバンギングが苦手で頸髄の椎間板ヘルニアになりそうだとww
ユンホはキツイからWHYとライサンは続けてセットリストに入れな いで欲しいんだと。
WHYがセットリストの前半にあると本当にキツイんだと。
しかしステージにあがれば今まで何とかなったと。

ユンホ 来てくださったみなさんは 本当に良かったんですね 今までの東方神起より
もっと ありえない事をするので 皆さんは 僕らを信じて 最後まで 楽しんでもらえば いいです
チャンミンさん 今日 楽しむ準備は出来てますか? C Yes i am→

④チャンミン 皆さんのおかげさまで 楽しい時間が出来たし これからも 皆さんと一緒に
もっと美しい 思い出を作ったいです。
1つ心配は ここまでの交通便が 良くないと思います 家まで安全に 帰ることが出来るように....
そして 愛しています ♥カシオペア最高

12/26동방신기mc (ending) ユンホ 実は話したいことがあって 今回のコンサート準備しながら
僕らが今までやってた コンサートが 高いクオリティも ありましたけど
本気の気持ちを込めたかった だから やらない事もやってみたし
今日チャンミンの馬 僕も赤ちゃんサンタになってみました。
いつも通りに 東方神起はこれからも ずっと皆さんが 望むなら ずっと行けるから
僕が昔 thanks toにも書いたように 東方神起号の 船に 乗ってくださるんですね?
一度乗ったら 2度と降りることはできませんん

Thanks to歌う前に) ユンホ 10周年を皆さんと一緒に過ごせる事が出来て嬉しいし
東方神起 終りではないですよね? 10年もやてきたから20年も行こうぜ!
チャンミン 僕ら クソ長く やっていきましょうよ

(why&ライジング後) チャンミン 冗談でちょっとずつ話してたんですが
本当に 昔のように 体力が ついてなくて でも 皆さん どうですか 格好いいですか?
(はーーーーい)
チャンミン まじで?↗←世界一かわいいいからしんじゃうwww

ユンホが 言ってた 道の上に残っているものそれが 雪と砂に隠されていても
慌てずに 行けるからて言う 話で 泣きそうになった
永遠に ユンホ チャンミンだけ 信じて 行くから

12/27동방신기mc
チャンミン 僕らの二人にとっては 今回のコンサートは
すごく意味深いライブではないかなと思ったのが こんな寒い年末に 本当の年末に
ファンの皆さんと一緒になっていたのが 今回が初めてですよね ですよね?

ユンホ はい そうですよ

チャンミン 1月とかはやったことあるけど
多いアーティストが コンサートのやる時期に 僕らが うちのファンの皆さんと一緒に
年末を暖かく過ごせたことが 一度もなかったみたいです

ユンホ 悪いよねwww東方神起

チャンミン それで 昨日も楽しかったけど 10年目の 余裕を 皆さんに見せたいです

ユンホ 来てくださったみなさんは 本当に良かったんですね 今までの東方神起より
もっと ありえない事をするので 皆さんは 僕らを信じて 最後まで 楽しんでもらえば いいです
チャンミンさん 今日 楽しむ準備は出来てますか?

チャンミン Yes i am! I am Changmin

ユンホ Nice to meet you
チャンミン くだらない 英語はやめといて 早速 次の 曲に行きましょ!
この後の here i stand で チャンミンが 皆 立ってください とか ユンホの チャンミナ♥ 大好き

ユンホ その表示の上に雪が積もって また、砂がたまったらしばらく見えないことはできます。
しかし、今は、困惑しないです。だって雪はいつかは溶けるし
砂も風が吹けば飛ばされんじゃないですか?
僕の痕跡は 依然としてそこに残っているということを知るようになりました。

ステージばかり見ていて私も二日目にして気づきましたがエンディングの
ThanksToに流れたVCRにはユンホとチャンミンからのメッセージがありました。


10周年コンのエンディングだった1集収録曲Thanks toは東方神起が結成された時、
一番最初に録音した曲だそうです。初心を忘れず頑張る!という意味であろうと。
cr. hollelujah Thanks to는 동방신기가 결성되었을때 가장처음으로 녹음한곡


Thanks To /東方神起 1集「TRI-ANGLE」

あの窓から入ってきた朝の日差しに 目を開けると

昨日より悲しみが楽なんだ

君がいつも言ってたその道を歩いてきていたら

心の傷もなかっただろうね

僕が辛くて君を呼びながら泣く時

君はいつも抱きしめてくれたよね baby U-know I love U

I know you were waiting for me so I thank you for the love inside you

君のそばで僕は永遠に

胸の中の心配も君の前だといつも

子供みたいに隠せなかったよね

背を向ける僕の後ろ姿が疲れて見えたら 僕のところに来て

僕の手を握りながら泣いてくれる君を

僕が幸せな時は君を忘れることも多かった

幼い僕をすべて許して

I know you were waiting for me so I thank you for the love inside you

君のそばで僕は永遠に now I promise you

(narration)

あなたはいつも僕の中にいました

だけど感じることができなかったのです

今は君のために生きるよう 大切なチャンスを僕にください

君の痛みまで僕も愛するよ

手を差し出して一緒に感じられるよう

僕の目の中の君を見て

I know you were waiting for me so I thank you for the love inside you

君のそばで僕は永遠に now I promise you

I know you were waiting for me so I thank you for the love inside you

君のそばで僕は永遠に now I promise you


ウリヒョンゆの



Ending曲「Thanks To」VCRの東方神起のメッセージ訳

@sunNmoon_1226
実は心恥ずかしいことを言い訳に声を出して伝えなかった思いがとっても多かったのです。
僕達が言葉を惜しんだせいで寂しかった時も多かったでしょう?
焦れ込んだりもしてたでしょう?

若かった頃は思春期少年の気恥ずかしさで、そして今はもう大きくなった男達の
照れ臭さのせいだと言い訳してみます。ありがとうございます。
皆さんが東方神起のファンであることを 感謝しています。

僕達の音楽が、僕達のダンスが、僕達の全てのステージが皆さんの為だということが誇らしいです。
10年間の時間の上ではコンマもピリオドも付けないつもりでいます。

これからは東方神起のもう一人のメンバーになってしまった皆さんのため
常に一勝懸命頑張ります。愛しています。
from チョン・ユンホ、シム・チャンミン。

昨日の10周年コンサートはチャンミンの「一年中、この日ばかり待ちわびた」というMCで始まり、
ユンホの最後の「東方神起号に乗ればもう降りられないから!」で締めくくった。
本当に昨日のユンホとチャンミンは最高!!


SMWEEK TVXQ2
28e451fbb2fb4316d62e2d0522a4462309f7d321.jpg



あの時二人はこんなに自分の気持ちを素直に語っていたんですね。

どれだけカシオペアの皆さんを信じ愛しているのかがわかります。

こう言うと何だか寂しいなんて言われる方もおられるかも知れませんが

私はゆのとちゃみがこうして素直にカシオペアへの思いを語ってくれて

二人への信頼も増しますます東方神起をゆのとちゃみを好きになりました。

この一年ビギストは息もつけないぐらい二人からたっぷりの愛をもらいましたよね。

その間カシオペアは二人を信じ信頼しながらず~と待っていてくれたんです。

日本では簡単に見れるものでさえ規制がかかって見れないと言われていたこともありました。

きっと寂しい思いをしてこられたと思いますよ。

私は東方神起号はゆのとちゃみが前輪の2つの車輪で後輪の一つがカシオペア

残る後輪の一つがビギストではないかと思っています。

前を行くゆのとちゃみが目指す道をグイグイ引っ張ってその後押しをするのが私達

4つの輪がバランスを取りながら進んでいくどの輪もみんな東方神起号にはなくてはならない存在。

ましてやファン同士がどうだこうだなんて馬鹿な争いをするなんて論外な話です。

東方神起号を永遠に走らすためには一つ屋根の下に住むものどうし

お互いを理解し思いやりそれぞれ立場で出来ることがあるのだと思います。

二人がツアーで私達に言ってくれた言葉も今回の10周年コンサートで言った言葉も

どれもが二人のファンへの隔たりのない言葉だし素直な感謝の気持ちとファンへの愛だと感じました。

リアルタイムで二人の語った言葉がわかれば感動も違ったのだろうと思う。

来年の韓国ライブに備えて少しでも二人の思いを肌で感じられるようになりたいな。。

最後に

最後のチャンミンさぁ、 見えないとこで頑張ってくださったスタッフさん達がいます。
夜ぐらい休まなきゃいけないのに、明日もSJの公演があるから、
皆さんが出てからゴミを片付けたりするんです。
なので少しでも席を綺麗にして下さると有り難いです って話してた
スタッフさんへの気遣いすごいよ

ウリちゃみは顔も心も男っこ前!!ますます惚れた!!




blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村


東方神起10周年メッセージ<訳>
<ユノ>
1、2、3、4、5、6、7、8、9、10周年~♫♫
わー!
もう十周年ですね~♥
いまや家族のようなカシオペア~~
とってもありがたくて……
いつも~ 一緒にいてくれてありがとうございます♫
東方神起と一緒にカシオペアの皆さんも、もっとたくさんのことを分かち合いたいんです ^ ^
愛してます、みなさん ^ ^


<チャンミン>
10Years……
全部ファンの皆さんのおかげです……^ ^
さらにかっこいい姿をお見せ出来るように、一生懸命がんばります~
本当にありがとう、皆さん♥ ^ ^

こんにちは、東方神起です。
Y 東方神起が12月26日で10周年になりました。
(拍手)
C (ユノに向かって)おめでとうございます。

Y (チャンミンの膝を触りながら)僕も同じようにおめでとうございます(笑)
  何よりも、もう10年という歳月が流れたんですけど、10年の間に変わったこと、
変わらないことがあります。

C 変わったことは何でしょうか

Y  変わったことは、チャンミンとユノが先輩の立場になって一生懸命やっていること。
変わらないことは、時間がとてもたっても僕たちのそばでファンの皆さん と一緒に、
いいステージだけじゃなくて、いいアルバムを作っていってるんじゃないかなと思って、
感慨深いです。チャンミンはどうですか?

C 本当 に心から10年の間、僕たちのそばで見守ってくださったファンのみなさんから
受けた応援が本当に大きいので、努力してベストを尽くしても、
僕たちが受けて いる思いをそのまま返すことは、正直できないんですよ。
それは、皆さんの愛がとても大きいから。僕はそう思います。

Y おー、かっこいいですねえ!

C はははは。今日に始まったことじゃない(笑)。これからも、10年経ちましたけど、
これからもっと時間が経っても、みなさんからいただいた応援に応えられるような音楽と
ステージと芸能活動を続けていこうと思いました。

Y  何よりも、皆さんの力があるから、今の東方神起があるのだと思います。
これからの東方神起にたくさん期待していただいて、僕たちは今からが始まりですから
それではまた10年20年30年またこんなふうにご挨拶できることをお約束して。
僕たち東方神起をこれからもたくさん応援してください。

Y それでは
二人 東方神起でした、ありがとうございました。




二人にはただ感謝の言葉しかありません。
私が元気でいる限り変わらず二人の後をずーと付いていきますよ



スポンサーサイト
タグ :
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/01/01 00:17】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/2357-af713dc1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫