ミュ-バン。

 2014-02-28
!!ミュベン'東方神起、
機転ではつらつ'スリスリ'…完璧なカムバック

2014.02.28 [OSEN=キムサラインターン記者]


228オーシャン


東方神起が機転はつらつたる姿で完璧なカムバックを飾った。

東方神起は28日午後放送されたKBS 2TV音楽番組'ミュージックバンク'で
後続曲'スリスリ'舞台を披露した。

同日、東方神起は白ストゥを着てまるで魔法士のような姿だった。
ユノユンホとチャンミンは軽くよく弾むメロディーに合わせて溌剌なセクシーダンスを踊ったが、
ミュージックビデオのように踊りを各自のパートに分けて踊ることが新鮮だった。
特に東方神起はポイント振り付けの'キス踊り'を踊りながら、
愛嬌のある姿も見えてファンたちの心を逸らせた。


'スリスリ'は簡潔なシャッフルのリズムの上にベースリーフ、エレックギター、
ブラス・サウンドが調和したソウルパンク(Soul Funk)のジャンルの曲だ。
家事には愛する人を会ってから一緒にする瞬間、一緒に分けたささやかなものが
大きな意味になる経験を表現、愛するということはまるで注文にかかったかのように
どんどん惚れるように魔法のようような感じという内容を盛り込んだ。

一方、同日'ミュージックバンク'にはシーエヌブルー、SMもっとバラード、B.A.P、
船尾、所有Xチョンキコ、ネル、ビートゥビーの、少年共和国、東方神起、GOT7、
カムルチー、ステラ、防弾少年団、メロディーデー、ベスティ、ハニーフィンガー・シックス、
スピカ、太原、ワンピースなどが出演した。






ミュバンレポ"@10_WITH_TVXQお借りしました。

*収録の間にユンホはメーク治す中 チャンミン 自分のデビュー頃のトランプ写真
見て投げ出しww その収録の後、すぐまた自分で拾った

*ミュージックバンク歴代最高の長い収録時間達成wwwww1時間20分
ひとつのステージに二つの空間を作って 素晴らしいステージだった

*ユンホのパートで ステージ下にいたチャンミンが モニターしていて
終わってステージ上がりながら ユンホに親指(ㅎ▽ㅎ)b見せてくれた

*始まる前に2人で近く座らなきゃならないのに 遠いからチャンミンがユンホに
近くに来てくれと呼んでて ユンホが近づいて来てた♥

*ステージでトランプ使う所で 自分の顔が出ている物を使わせたチャンミンwww
恥ずかしいから投げていた。ユンホパートで逆側にポンポンと走ってたチャンミン萌え


228音楽银行


*カメラワークの為に 歌の2節からリハーの何度もやったけど 2人で歌(伴奏)なしで
歌いながら踊った 可愛いのにカッコイイ

*女ダンサーばっかだったから ユンホとチャンミン2人でイチャイチャやばかった
笑ったりふざけたり

*シムジェヲンさん 東方神起お尻をずっとトントンww 何か説明の後に
ユンホとチャンミンのお尻を ずっと トントントントン

*チャンミン 踊っている中に 立ついち間違えてwwww 自分の所にダダダダ走って爆笑wwww

*白い衣装だった今日! 最近トレーニングしているユンホの筋肉やばかった。超セクシー

*最後に カメラ監督さんにありがとうございますと言ったチャンミンと
明日もよろしくねて言ってくれたユンホ! 今日本当にカメラさんご苦労様でした

*イントロで何枚のトランプを投げながら始まるんだが 2人でイチャイチャしたりしてた。
今日ユンホの太ももやばい チャンミンが長い足を組んでいるのがかっこよかった

*ずっとユンホから 今日のステージカ珍しいでしょ?て聞かれたり チャンミンは
トランプ形の壁を触ったり 二人とも興味津々

*ユンホから リパケいいんですかて聞かれる中に リパッケージの発音が面白くて
横で笑ったチャンミンwwwユンホも一緒に笑った

@KBSのカメラマンがワンテイクで撮ろうと苦労したら、
ユンホが「これを撮ったらカメラの革新です」 チャンミンも「振り付けのせいで。。」
ユンホ「いろいろカメラの撮り方も大変」 など、カメラマンを励ましながら収録。




228音楽银行5
228音楽银行4







緊急な用事が出来ちゃって楽しみにしていたミューバンはリアル視聴できず。。。(>_<)

KBS頑張ってくれたね!

もちろん二人の生パフォーマンスも最高!!


遅くなったけどまだ見てない方にお届け。(*^^)v



スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/2462-54b04265

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫