ちゃんみん演技力一皮、成長が期待される「ミミ」最終回 フル字幕つき

 2014-03-15
チャンミン「ミミ」の最終回、「皆既月食が重要なヒントになるだろう
2014-03-14


MIMI第4集


アジアトゥデイウナムヒ記者=

Mnetゴーストロマンス 'ミミ」の最終回の観戦ポイントが公開された。

14日の夜11時、「ミミ」の最終回が放送される中、これまでドラマの中の謎を
向けた関心が最高潮に達している。 本放送に先立ち、最終回の観戦ポイントであり、
視聴の楽しみを最大化させてくれる、これまでの謎の4つをまとめてみる。


1。 チャンミンが記憶を失った理由は?


チャンミン(ミヌ役)は、クールなウェブトゥーン作家で初放送の時からまったく思い出せない
記憶で眠りも寝られなくてもできないなど、苦しんでいる姿を見せてきた。 10年前カレンダーの
中に書かれているミステリーな日程とシンヒョンビンの助けを借りて、徐々に自分の絵を使って
過去の記憶を探しに出る姿は視聴者たちにとって、吸引力と没入度を抱かせる。
特に最後の「ミミ」3回でムンガヨウン(ミミ役)の死を知ったチェガンチャンミンが、
果たしてどのような理由で切なくていた初恋の記憶をすべて失ってしまうことになったのか」
ミミの最終回では、その秘密がすべて明らかにされる予定だ


2。 ミミはなぜ死を迎えることになったのか?


「ミミ」の3回でムンガヨウンはチャンミンに会いに行く前に、交通事故を暗示するような
不吉な未来を予測して緊張感を高めた。 しかし、ムンガヨウンが予測した未来は自分ではなく、
チャンミンの事故。 10年前の12月8日午前7時、大雨が降っていた時計塔の前では、
いくつかの事件でムンガヨウンが死を迎えるようになっだろうか?
関係者は「ムンガヨウンがチャンミンに伝えたマッチ棒が、その日の記憶を元に戻すだろう」と
予告して期待感を加えるようにしている。


3。 チャンミン、ラブラインの結末は?


劇中ミステリーだけでなく、チャンミンのラブラインは欠かすことのできない「ミミ」の観戦ポイント。
ムンガヨウンとのいきいきとした初恋の人はもちろん、チャンミンの職場の上司であり、
純愛の補助者シンヒョンビンとのさまざまなラブラインが劇の楽しさを加えた。
ムンガヨウンの死を知ったチェガンチャンミンが、最終回ですべての記憶を取り戻して
閉じていた心の扉を開くことにしてくれたシンヒョンビンと新しい恋を始めることができるかも
成り行きが注目される部分である。

4。 アンブレラマンの正体は?


「ミミ」の中で最もミステリアスな人物は断然ペクヒョン(アンブレラマン役)である。
特に最後の放送でミミの最後の日、時計台の上で意味を持った表情で二人の恋人を
見つめている姿が電波に乗って緊張感を高めた。 チャンミンの記憶を取り戻すための
マッチ棒を与えた張本人であるが、時にはムンガヨウンを緊張するようにする人物であり、
助けを与えたりするルパンバーのマスターでもある。
その間 'ミミ」の中の重要なシーンにもれなく登場した彼の存在は果たして何なのか、
そしてミミの死とチャンミンの失われた記憶の中の彼が持っている秘密は何なのか
「ミミ」の最終回ですべて確認することができる。


最後に、Mnet関係者は「皆既月食が、すべての謎の最も重要なヒントになるだろう」と強いスポを伝えた。
皆既月食は、実際に気の利いた視聴者たちを早くから気付いた伏線の一つ。
過去の「ミミ」放送分でペクヒョンは、自分自身を見たことがあるかと尋ねるチャンミンの
質問にそうだという答えと一緒に "その店の前は、ちょうど10年後にでも再度見ることができる
皆既月食に暗かった。 月が隠れると時間が道に迷ったんですよ」という謎の台詞を残している。
また、劇中で10年後の12月8日、再び皆既月食が起こることがラジオ放送を通じて予告された。





m④-1 投稿者 vinchisama




m④-2 投稿者 vinchisama


良かったぁ~ミミとミヌに泣かされた~感動した。




終映 'ミミ'チャンミン、演技力一皮。成長が期待される


期待されるちゃみ

記事出処:(OSEN)

[OSEN =ギムサラ記者] 'ミミ'チャンミンが演技者として一皮脱いだ姿を見せた。

去る14日、Mnet 4部作ドラマ「ミミ」が放映終了した。 チャンミンは「ミミ」で
ハミンオ役を演じ、10代、20代の役割を行き来して一層深くなった演技をお目見えして人目を引いた。

した人物だったが、1人2役に違いない役割だった。 明るく純粋な10代のミヌに比べて
20代ミヌは成熟したほど暗かった。 10年前に幸せだった初恋の記憶をすべて失った
現在のミヌは苦痛の中で一日一日を生きていた。
ドラマ「ミミ」では、毎回、現在と過去を行き来する展開が広がってチャンミンは、
この中で180度異なる姿で二つのキャラクターを演技した。

過去のミヌはいきいきとしている。 高校生だった彼はミミ(ムンガヨウン分)に
惚れてときめく初恋を経験した。 実際の年齢26歳のチェガンチャンミンは、高校生役を
演じても不自然ではないルックスを持って、実際の10代のムンガヨウンと無理なく
甘いロマンスを繰り広げた。 劇中チェガンチャンミンの愛の表現は、がたがたしたし、
二人の初恋ケミ(ケミストリー、人々の間の化学作用)も美しく描かれた。

過去の幸せな記憶のために、現在、その時代を回想するミヌの姿はおぼろげな笑顔が建てられた。
しかし、チャンミンは、現在のミヌを演じ、内面から湧き出る成熟をのぞかせ、
李明博笑顔は純朴ではなく、年輪を入れた。

以来、現在のミヌはミミが自分のために死んだことを知って申し訳さと辛さに涙をこぼし出したが、
この過程で、チャンミンの姿は抱いていた内面演技を全て解放見せてくれた感じだった。
マッチ棒の魔法でしばらくミミの姿を見ることができたミヌは彼に語り尽くせない心を表現し
、彼と涙の最後のキスを交わした。 チャンミンの切ない表情と震える声は、見る人の胸さえ詰っにした。

「ミミ」というドラマ自体がファンタジーの要素が加味されていたので、
時々、多少不慣れな設定や誇張された場面が描かれたりもした。
しかし、チャンミンは、毎場面ごとに視線一つ逃さず真央に演技する姿を見せた。
様々な表情と、本当に子供彼の演技は見る人の没入度を高めた。

チャンミンに「ミミ」は、2011年SBSドラマ「パラダイス牧場」以来、二度目披露した作品だった。
「ミミ」を使用して、彼は演技者としてもう少し成熟した姿で大衆の前に立ち、
4部作という短いドラマの中でも様々な魅力を発散した。
東方神起はなく、演技者チェガンチャンミンは、
次の作品ではどのような成長を見せてくれるか期待される。





凍りつくような寒さの中演技者としての驚く成長を見せてくれたちゃんみん。

記事にも書かれているように東方神起としてではない演技者ちゃんみんとして

次はどんな姿を見せてくれるのか期待いっぱいです。


ミミ」の撮影現場 寒さに震える東方神起チャンミンの「気の毒だ」


頑張ったちゃんみんの打ち上げのはしゃぎすぎも今日は大目に見てやろう


確かに可愛い綺麗な子には目が・・・・


綺麗な子には目が


そして手が・・・


行動が



思わず男の本能がガッツリいってしまう


ガッリ行き過ぎちゃんみんミミ


男の性(さが)が止まらないってか(* ̄ii ̄)ブッ 


MIMI的最后いけませんちゃんみん


おい!おい!~やりすぎだろうが~ちゃんみん!!(笑)


こら~調子にのるなぁ~!


こらぁ~あまり、調子にのるんじゃねぇぞ~


悪い男やミミ


若~いアガシまでも翻弄する悪い男やちゃんみん~。


今日はこれくらいにしといてやるけどさ~ハハハ^^


MIMI的最后ペロ


お疲れちゃんみん~短い時間だったけれど毎週素敵なミヌをありがとう。


次は東方神起としてのみんなの心を揺るがすちゃんみんを楽しみにしています。



あなたと育てたい
ac9bccfcc3cec3fdf09537c4d488d43f86942764.jpg


ちゃんみんを愛し応援しています飛ぶ
   お手数ですがちゃみ活参戦皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~!





スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/2497-c8f52dc1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫