与え与えられ、育んだ確かな絆。東方神起の気持ちはね、みんなのそばにあるからね。

 2014-07-08
皆様アンニョン~やっと最終までたどり着くことができました。

拙い文ですが最後までお付き合いしていただければありがたいです。



140619 Beautiful RED OCEAN TODAY


ーアンコールー

オーラスの時のアンコールはみんなの気合はハンパなく

コールの始まりも早くて途切れることもなくいつもはフクチョーさんの先導で

揃うって感じだったけれどこの日はみんなの気持ちが一番揃っていたなぁ~。

パーカッションのフクチョーさんをはじめ

バンドの皆さん全員が赤の棒を振って下さってみんなのボルテージも更にアップ!!

そして会場から流れてきた

Baby come again I feel you

Listen to my heart I love you

My heart so I know you want me

Baby stay with me

I miss you~♪ 

懐かし~いけどいろんな場面がうかぶぶぜぇ~

シングル8枚目2006/11.8 にリリースされた

「miss you 」



アンコールの始まりがこの曲だとは。

踊る夏~といい今年のライブの選曲は驚きだらけ・・・・。


missyou cham彼女から来たメールを真剣に見つめるシーン
missyouchami.jpg


アリーナ仕様では突然二人が後ろの通路付近から現れて会場から悲鳴が・・・

悲鳴は聞こえても私からは見えず・・・・後から二人がタッチされたりと騒ぎになっていたと知った。

おさわり禁止の警告イラストを皆さん作ってましたね。

ドームでは円形のステージから登場


misschamo3.jpg


こんな幼かったちゃみが・・・・・あなたをもう一度、抱きしめるで~

抱きしめる~のジェスチャーをして会場のファンを一気に煽るんだからね

もうあれから8年も経ったんだと実感もわく

ちゃみは8年引いても・・・・・・私は・・・・あぁ~恐ろしや~(ーー;)

誰ですか~計算してる人は(笑) 心は永遠の乙女(*^。^*)


miss you chami

-MC-


みなさん~この曲いいよねぇ~懐かしいね~と二人で顔を見合わせながら言ってました

8年前の曲聞いたことある人~!は~い!!

8年前と言ったら手を下げた人がいましたぁ~とちゃみ。

ゆのは8年前はふたりとも肌がきれいで目もキラキラしていたけど

今はちょっと老けたかもしれないけど、男の年輪がだんだん出てるんじゃないかなぁ~


missyouhomin.jpg


無駄な時間は少しも過ごしてこなかった

眩しいくらいの素敵な男の年輪が刻まれてます。


スカパー


ゆのが話しながらちゃみに話を振った時にちゃみが何回も

ですよねぇ~!ですよねぇ~!ですよねぇ~!のちゃみに萌~。

sweatの曲を紹介でゆのがでちゃんみん説明お願いしますって

言ったら下で水飲んでたちゃんみん。

水飲んでごめんなさいって 謝るちゃんみんにいいよ~いいよ~って言うヒョン

ちゃみがSweatの説明をし始めると次はゆのがお水を飲んでいて

それに気がついたちゃみが

ゆの~ちゃんと聞いてますか? 全部きいてたよっ!のゆのに萌~。

ドームのこの暑さは誰のせいだっ!(笑)

楽しい時間は刻々と・・・・・。

では次の曲へいきますの時に会場からのお決まりのえっぇぇぇぇーーーーーっぇも

家族に捨てられないためにちゃみに適当にあしらわれた私達。ハハハッハ^^


2014〜TREE〜おつかれ東方神起6



Sweat(新曲)


この時何が驚いたかって後半の方でちゃみがコケてしばらく膝に手を置き

ダンスも踊らなくてお隣の方をちゃみ~どうしちゃったんだろうと心配して見てたら

踊り出してその後は何事もなかったように最後まで踊っていて一安心。

ほんとうにびっくりしたよ~ちゃみの赤い靴が一瞬見えたと思ったらコケたんだからヒヤっとした。

その後は走りまわっていたからあの時に足でもつったのかもね。

二人は命を削って頑張ってくれているよ。


OCEAN(トロッコ)

Somebody To Love(トロッコ)


ちゃみはもうフラフラで体力の限界寸前までいっていたように思った。

ゆのの体力はやっぱすごい!!

この時にゆのもちゃみもトロッコで会場を周りながらファンひとり、ひとりの顔を

見ながら心の中でいろんなこと考えていたんだね。


Good-bye for Now


LOL.jpg


Good-bye for Nowで“大阪戻ってくるから”と歌詞変えて歌ってたちゃんみん。

ちゃんみん先生お願いします~ちゃんみん先生もっと難しいのをお願いしますっ!

ちゃんみん~それは無理です。

パルパンの最後でゆのは大暴走してお腹がよじれるくらい笑った

いつもは止めに入るちゃんみんもオーラス日は何も言わずにニコニコしてゆのを見てて

ゆのも止めどころがわからなくなって、なんで~止めてくれないのぉ~ってちゃみに懇願(^^♪

今日は最後だから好きなだけさせてあげようかなぁ~と思ったって

「わっスゲ!カッコいい!!」 褒めて転がすのがお上手なこと。

嫁に転がされただんなさまポク~恥ずかしかったぁ~って超~可愛い、そりゃ~嫁惚れるはず。


最後の挨拶


バンドの皆さん
今日カッコイイダンスを見せてくれたダンサーさんの皆さんに拍手!!
バンド皆さんはマスターかカキやんのお面をつけて登場!!
公演中いろんなとこで皆さんには楽しませいただきましたね。
東方チームは愉快な仲間。
みなさまお疲れ様でした。ありがとうございました。

東方神起日本のダンサーバンドチーム2
東方神起ツリーツアー参加ダンサーさんたちWe are T



ゆのがカッコよく演出してくれたサムさん~とステージに呼ぶと

ちゃみがサームさん、サームさん、サーム~サーム~サーム~ 呼び捨て!?

サームは遅い、ドームは大きい、サーム~早く~早く来てくださぁ~いサームさん~

やっときたサムさんが遠いって言いました。

こんな遠い所を東方神起は毎回いつも走りまわってるんですよぉ~とゆの。

ゆのに・・・はい~!正解!!ってほんとうにそうだよ~と言ってあげたいわ

3時間半、端から端まで全力で走る二人にあっぱれ!!

サムさんの遠い~に喝!!(笑)



ちゃみが聞いたよ~ライブが終った感想はどうですか?


サムさんの口からこんな話が出るとは思わなかった
サムさんのこの言葉グッときてウルった。

東方神起のライブを傍で見ててカッコよくて楽しくて
そして、一番感じるのは凄く、あったかさを感じます。
その彼らのあったかさがあるから裏で働く多くのスタッフもダンサーズもバンドのみなさんも
全力でサポートするのだと思います。
彼らはこれからも進化すると思うのでこれからも応援してやって下さい。


何よりも二人がスタッフの皆さんから愛され支えられていることが一番嬉しい。
サムさんのこの言葉でドーム内があったかい空気に包まれた。


そして二人の最後の挨拶


京セラ最終日2


ちゃんみん。

ライブの最初にも言いましたが昨日少女時代のライブに行ってきたんですが
楽しかったのですが久しぶりに客席に座って少女時代のファンの皆さんのひとりひとりの顔
を見ていたんですけどものすごく幸せそうな顔をしてて力をもらっているふうに見えたんです
ライブに来てくれているファンの皆さんってアーテイスのライブを見て
そんなに大きな力をもらっているんだな
もちろん昔から知ってたんですけど
ファンの皆さんから東方神起のライブを見て力をもらっています
ありがとうございますと言われてはいたんですけど
ライブの最中だと歌ったり踊ったりそれだけでで精一杯でになったり
するんじゃないですか
きょう最終日だからみなさんがどんな顔をしてるかなぁ~と
ひとりひとりの顔をちゃんと見てみようとしてたんです。
みなさんがその時(ソシコンのファン)と同じ顔をしていたんです
人々の幸せそうな顔をみなさんもしてた気がして
僕たち東方神起からも力をもらって帰るんだなぁ~と思って
僕たちもそんな力になれるそういうアーテイストになって、なれて
すっごくひとりの人間としてめっちゃくちゃしあわせだなぁ~と感じました。
どうもありがとうございました。

ちゃんみんは素直で優しく謙虚。


ゆの。

somebody to loveの時急にうるってきて 泣きそうになって
最後は泣かないと決めたんです。
最後の曲を歌う時東方神起なんでこんなに愛されているのかなぁ~
二人外国人だし日本語もそこまでうまくないし
でもなんか見えないお互いの気持ちが繋がっているんじゃないかなぁ~
東方神起のめんばーで良かったと思ってます。
東方神起の最後と最高のメンバーは皆さんです

東方神起の周りのスタッフはカメラの皆さんからいっぱいいるんですよ~
見えないところで 朝から頑張ってくれ ているスタッフがいます
東方神起のスタッフさんは東方神起が本当に好きで…
今まで言ったことなかったけど影で東方神起を支えてくれる
たくさんのスタッフは僕たちの誇りです。
上から目線で ごめんなさい。本当に幸せでした。ありがとうございました。

そしてここにいるファンの皆さんは東方神起の宝物です。

ゆのは強く優しく心が広い。


感動の言葉を残しながらステージから去っていった東方神起。
その背中に届くように湧き上がる東方神起コール!!

少しして二人が出てきてくれて何か話してくれるのかと待っていたけど。

Wアンコールで二人がステージの端から端まで走ってお辞儀してくれている間も

場内割れんばかりの「東方神起」コールが一瞬たりとも途切れることはなかった。

ステージに二人が戻って二人がしっかり手を繋いで深いお辞儀した瞬間に

その東方コールが誰からともなく

ゆの~ちゃんみん~ありがとう~東方神起ありがとう~のコールに変わった。

東方神起とファンの心が一つになった瞬間だと感動で涙が出た。




Wアンコール



二人は一言も発することなく会場中を深々と頭を下げてまわってくれた。

その二人の姿が言葉以上のものだと感じた。

もうあれ以上の言葉いらなかったね、ほんとうにいらなかった。

東方神起の気持ちはね。ここ(胸をたたく)、みんなのそばにあるからね。

ビギとして胸を張って言える、その東方神起の気持ちちゃんと受け取った。

ず~とここに、忘れない。




ツアー後のサムさんのツイ
sam @sam0113 · 6月25日
長いツアー無事終了。 スタッフの方々、バンドメンバーの方々、ダンサーのみんな、
そしてメンバー、本当にお疲れ様。 一つ一つを超えてさらにまた次へと進む。
この繰り返しでどこまで行けるのか、行けるところまでいってみたいと思います。
未来へ向けて。


そしてバルコニー席から見ておられた方のツイ
Wアンコール後、ステージ裏でスタッフさんが花道を作って迎えてました。
2人は花道の真ん中を全員とハイタッチしながら楽屋へ。
2人がスタッフさんを誇りに思ってるのと同じ位、
スタッフさんも東方神起を誇りに思ってる気がしました。
アリーナの機材エリアのスタッフさん達が全員で円陣組んで
「東方神起ファイティン!」ってしてた(╥ω╥`) 感動



日本各地を駆け巡った

怒涛の内に日本各地を駆け巡った2014東方神起TREEツアー

またいっそう東方神起と私達の絆をより強く、より太く、より長い絆にしてくれた。

また、夢へ、未来へ、一緒に一歩づつ。




ちゃんみんを愛し応援しています飛ぶ
   お手数ですがちゃみ活参戦皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~!




スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント
眞理子さんこんばんは。
まだそんなに時間が過ぎていないのにこの寂しさは何なんでしょう(^^;)
ちゃみはやり遂げた後のご褒美のオフ生活を楽しみ毎日充実しているようですね
早く次の姿も見たいけど今はグッと我慢!!
大丈夫!!まだ、まだ誰も何にも語っていないからね。
その日まで楽しい思い出を作っておきましょう~(*^▽^*)
私達は待つのには慣れてるから何があっても大丈夫!!
これからも一緒に応援し守っていきましょう(@^^)/~~~
【2014/07/10 00:13】 | corochami #- | [edit]
さ*こさんこんばんは。
いつもありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。
そういって貰えると毎日睡魔と戦いながら頑張った甲斐がありました。
最後までたどり着けるか心配だったけれど無事最終まで仕上げることができてホッとしました。
書いている内にいろんなことを思い出してきて
もっと文才があれば 上手く書けるのでしょうが悲しいかなこれで精一杯(^^;)
私もねっ!好き過ぎて自分でも呆れるくらい生活がちゃみ一色になって
一時は止めが効かなくて少し離れてみようかな…なんて悩んでね
迷い道ウロウロしてました。
でもやっぱり無理だと気がついてまた帰ってきたんですよ。
一日でもちゃみの顔が見れないと余計に落ち着かなくて。
無理に離れようとすることは体にも精神にも悪いと気がつきました。
ちゃみのメッセージにあったようにTake it easy!でいくことにしました。
私も見守り続けますよ。一緒にいきましょう~(^.^)/~~~
【2014/07/10 00:03】 | corochami #- | [edit]
corochamiさん、おはようございます。

思い出しますねぇ~
あだ2週間しか経ってないんですよねー
今年のツアーはよく泣きました(TT)
ユノとチャミの心の温かさが伝わってきました。

本当に㌧ペンになって良かったと思います。
何があっても応援し守っていこうと思います。

でも、会えなくなる日が近づいているんですよねー
寂しいけど。。。。待ってま~す(^^)
【2014/07/08 09:55】 | 眞理子 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/07/08 09:46】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/2612-7aebaa62

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫