K-POPには、スーパースターがある。そしてまた、東方神起がある。

 2015-05-07
[独占取材]インタビュー:東方神起が東方神起の理由

http://m.blog.naver.com/tvxqamerica/220351079679

K-POPには、スーパースターがある。そしてまた、東方神起がある。

今年ハリウッドボウルで開催される韓国日報音楽祭りに参加するために、
長い間愛されていると記録更新をする韓流 "キング"が米国ロサンゼルスに上陸した。

アイドルとしての東方神起というブランドは、毎シングルを発売するたびに、
期待値が大きくなる。このプレッシャーはほとんどの人にとってはなじみのないもの。

そんなチャンミンは負担感は感謝に変えられる。
毎年K-POP市場には数百人の新人がデビューする。
東方神起は、そのアイドルのアイドルだからである。

チャンミンは「何をしていても楽しみながらやってみたい」と述べた。
"記録を破るのは良いことです。しかし、記録は壊れ設けでしょう。数にこだわりたくない。
舞台が大きくても小さくても毎分楽しんで欲しい。よう観客の方々も一緒に楽しめますからね。」

「プレッシャーに考えないようにしています。
そのような責任を負っているということ、他の方々は私達が日本市場を開拓していった
歌手の一グループで見ていることに対して感謝するだけです」チャンミンは付け加えた。
「その負担感は、人々に認められているということでもあります。
賞賛を受けるよりもっと上手くなりたい。」

自らを「大人の石」と呼ばれるユンホは「東方神起はファンの方々と一緒に
パフォーマンスを作っていくようなグループです。
ファンの方々が私達だけ眺めているような関係がアニラヨ」と述べた。
「常にプレッシャーに押されていると考えている瞬間、その関係が混乱リョジョてしまう。 "

個人的な目標について尋ねられたときチャンミンはジャンナンシクの回答で
あるかのような永遠の健康と長寿を述べたが、(ユノも同意するようにうなずいた)
この目的は、東方神起というグループにも該当するものであった。

「私の唯一のよくするのです」ユンホは言った。
「過去には、舞台に上がって私にはよくすることを示していました。
経験と年輪が積もった今ではフォーマンスの間の短い時間でも、
当社のファンの方々がストレス解消に助けになったらします。
私たちが多くの方々に影響を与えることがあることを悟ってみると考えが変わるました。 "

「東方神起がレゲエもできるイトスているのです。
機会があれば、新しいものに挑戦してみたい。」





interview:なぜ東方神起は東方神起です
(英文全文)
翻訳機駆使で四苦八(^^ゞ
2015年5月5日
http://www.koreatimesus.com/exclusive-interview-why-tvxq-is-tvxq/

K-POPでは、スーパースターがいる。その中に、東方神起があります。

記録破りの、もっとも長く愛され続ける韓流の王は、ハリウッド·ボウルで、
今年の韓国タイムズ音楽祭でパフォーマンスをするために先週、ロサンゼルスに到着しました。

グループは2003年に、まだ世界的ではなかったK-POPシーンを爆発させ、
すぐに最も顕著に他のアジア諸国、とくに日本へジャンルのトップの柱となりました。
これまでの道は常に太陽だけではない -
グループは 知っているように数年前に契約紛争で三人を失った
- しかし、ユンホ、(29歳)チャンミン(27歳 現在)(分刻みで動く業界の中で12年のベテラン)は
今、ここまでその位置を作りました。

アイドルとして、TVXQブランドの予想は、各々のシングルとともに期待されている。
私達は、、それがほとんどへの一種のプレッシャーであると想像するでしょう。

二人はスタイリストが彼らに下る前に忙しいスタッフに囲まれて、
まだスウェットやジーンズに装備、ショーの前に韓国·タイムズの時間を指示したように、
東方神起あることに対処すると、すべてのアプローチです。

チャンミンにとってプレッシャーは感謝の気持ちにつながります。
新しいアイドルが毎年、何百ものK-POPシーンをあふれさせます。
東方神起は、それらのアイドル達ののアイドルです。

チャンミンは、アイドルらが彼と東方神起を見て育ったことが、多くのアイドルからそれを聞きます。
それは、東方神起がしたことは避けられない -東方神起のレコードは、トップヒットと
K-POPの歴史の中で東方神起の場所を固化、後期2000年代の半ばには、
韓国と日本の両方に東方神起熱をもたらしました。
そこで、東方神起の記録はトップを攻撃して、K-ポップ史でグループの位置を固めました

そして、この歴史は日本最大級のコンサート会場での前例のない成功をして
オリコンチャートで最も多くの第1シングルスです。
スポーツソウルによれば、2013年のように、日本だけで、そのレコードの販売から
なんと12億ドルの利益を得て韓国人アーティストだけではなく、
日本市場全体において2位の記録でした。

結局たとえ何をすることになっても、私はそれを楽しみたいです」と、Changminは言います。
「記録とそれの全てを壊すことはよいです、しかし、記録は常に壊れています。
私は、数字にしがみつきたくありません。
それが大きい会場か小さいかどうかにかかわらず、また、見ている人々が
それを楽しむことができるように、私は各ステージを楽しみたいです。」

それに、それらの瞬間は、(彼がスポットライトに照らされることになった時、
わずか16歳でした)チャンミンのエネルギーの働きをします。
10年以上経っても、彼はより上手くやりたい、他の人が目を向けることができる
アーティストのままであり続けたいと思っている。

「私はプレッシャーだと考えたくありません。
私はいくつかは、日本市場のための先駆者の一つとして私たちを見ていることに
責任を持って感謝し、感謝していますと、チャンミンは言います。
「また、プレッシャーも、人々から認められていると意味します。
誉められるとき、もっとうまくやりたいです。」

Why TVXQ is TVXQ2
彼らが13回目の韓国タイムズ音楽祭のために到着して、
TVXQは木曜日にロサンゼルス国際空港でファンによって歓迎されます。



ちょうど私たちのファンが私たちを見ている関係の代わりに、
TVXQは私たちのファンと並んで一緒にパフォーマンスを作ることです」と、ユンホは言います。
そして、ユンホは自分をsungin-ドルまたは「大人のアイドル」を名乗る。
「私たちの位置をプレッシャーを含んでいるとみなし始めるならば、
そのスタートが崩れることになると考えます」。

チャンミンは自分の目標を永遠の健康と長い、長い寿命の
「我々は、長く生きなければなりません」「ユンホはうなずいて、同意)
冗談だと言うかもしれません、
しかし、いくつかの点で、そのその目標は東方神起にまで及びます。

「これは私が得意だ唯一のものです、ユンホは言います。
「私は、過去に自分自身を証明したくなってステージで上がったものです。
現在、より多くの経験をし、そして、年齢と共に、私は、重要なことは、
私たちは私たちのファンにその短い期間の間のパフォーマンスの時にさえ、
私たちのファンにストレスの解消を提供することであると思っています。
私たちが多くの人々に多くの影響を与えていることに気づいた後
そんな考えの変化が私のところへきました。」

影響については間違いありませんこの頃は米国の以外の人気の大衆文化に
関しては韓国の大衆文化がカバーされてしまいました。
主に、YouTube、オンライン・コミュニティとソーシャル・ネットワーキングと呼ばれている
このインターネットの大部分のおかげで感謝します。
K-POPが世界の細孔に浸透し始めています。

それは音楽だけではありません。
それは、テレビ、ファッション、ビデオゲーム、食品です。
K-POPの主な宣導師は?もちろんアイドルスターはきらめきます。


質問は、なぜですか?なぜそんなに多くの人がK-POPにそのような喜びを感じましたか?
我々にアイドルの立場から話してください。

ユンホがそれを見る方法で、K-ポップは、常にまわりにありました。
K-popが常にちょうど広い需要のための適切なツールがなしで、
それは70年代韓国のポップキングチョー·ヨンピルの中毒曲に
典型韓国民謡「アリラン」であったかどうかにかかわらず、
それは韓国音楽のための時間の問題だった、と彼は言います。

YouTubeにTVXQの自身の国際的な成功が
「Mirotic」(4回目のスタジオ·アルバムの爆発的人気タイトルトラック)で
ユンホは、インターネット文化がもっと早くあって見ていることができなかったのは
残念であると言います。

「外国のアーティストは素晴らしいです、しかし、私は人々が韓国人が持っている
特有の『han 恨』と我々がその感情を表明する感じやすい方法に惹きつけられると思います」と、
彼は言います。


「若いアーティストが、この頃は、また、それを理解して、彼らの影響を知っています」
と、ユンホは言います。

ただ歌手だけとして二人を囲いこむことは、間違いです。
二人とも、駆け出しの俳優でもあります。批判がたとえ何である場合でも、
ユンホにとって、演技への進出は人生の教訓を学ぶものであります。
チャンミンにとっても、演技は予測不可能を楽しむことを学ぶのです。

ユンホ初のドラマ、「地面にヘディング・・・」2009年に放送されました
彼は、2013年、2014年にと、ごく最近、「夜警日記」を「野王」の後で引き受けました。
彼は、やがて公開されるウェブ演劇あなたを注文しますのに現れる予定です
チャンミンのクレジットは2011年に「パラダイス牧場」と「ミミ」は昨年。

演技することはステージでパフォーマンスをするのと同じようで、
ステージでは3分間で自己を表現するためにがあります。
それはその短い間にインパクトを与えるかです、
しかし、演技はもっと長い時間を他の人達と表現するステップを踏むことです
ユンホは言います。


ユンホはそれぞれの役割によって、違う人生を生きれることがいいと思っている。
「別の人生を生きることはこの人生を生きている自分を助けてくれます。
もしユノユノが輝かしくって華やかな人生を生きているとしたら、
チョンユノはデビューした後、高校卒業後の自分の人生を生きるのをやめたわけです。
演じることはチョンユノの人生をよりよくするために必要だと僕は思います。
私は演技を通して人生を学びます。だからそれが演技をする理由です。」

私たちは 演技は、このようなものです」と言う立場ではないですが、
私には、自分で準備し、私の演技パートナーか​​ら固定の反応を
期待できるわけではないことを知らせてくれる魅力です」とチャンミンは言います。
「それは、ステージに立つ時とは異なる感情です。」

音楽を行うことに関しては、二人が試したいものに対する限界がないと言います。
ユンホは昨年のシングル“Something,”を指します。
そして、それはクラッシックな要素を東方神起のレパートリーにもたらしました。

「TVXQは、レゲエをやることさえできました」と、ユンホは言います。
「可能性がある限り、我々は新しいものを試してみたいです。」

今年がするユンホの義務的な21ヵ月の軍の入隊のニュース
(2015年が尽きる前に、スターにさよならを言わなければなりません)は
ファンを悲しませました。
しかし彼らは心配をする必要はありません - 彼は戻ってきます。

「望みは東方神起を見る人々が、私がすることがプレゼントでありえるということです」と、
ユンホは言います。
「私は、将来の自分の子供達が彼らに会いたいと望んでいる我々のパフォーマンスをします。」

そして、2008年以降、初めてハリウッドボウルに戻って来たことは?

「これらは、虚語でありません —
私は、L.A.のところへ来れたことがとてもうれしいです」と、チャンミンは言います。
「私は、本当に帰りたくありません。私たちのファンのみなさん達やサポーターのおかげで
私たちは全力でパフォーマンスしたいです。そして休止に最善を尽くしたいと思います。
私たちは戻ってきます。

「私たちがここに来るたびに、それは私たちのエネルギーです。
それは私たちが最新のトレンドを知るために古いものと新しいアーティストと交流するチャンスです
私たちは毎回新たな宿題をもらってます」とユンホは言います。
「私たちがより頻繁に来られないことは本当に申し訳ないですが、
私たちの約束を忘れないで、待ってくれる私たちのファンの方達にとても感謝しています。」



kind of love called HOMIN2


何年も第一線で走り続けることが出来る東方神起の魅力の一つは

世の中の変化にも合わせられる適応力が優れているのじゃないかな

今まで積み重ねてきたものに加えて新しいことにもどんどん挑戦していく

でもただ新しいものに挑んでいけばいいってもんじゃないいんだよね

今まで積み重ねてきたものが強靭だからこそ、その先のまた、新たなことに挑戦できるんだ

苦労と努力の土台もなく新しいばかりを求めても二人のようにはならないってこと。

だから東方神起はいつ観ても唯一無二のスーパースター東方神起なんだ。



ギュ―18 ♡♡東方神起のちゃんみんを愛し応援しています。
お手数ですがちゃみ活参戦皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~!


スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント
あ*みさんこんにちは。
クロちゃみさんのブログだよ~(*^。^*)
北海道の出会いからクロちゃみさんまで凄い出会いでしたね。
あ*みさんのゆの愛の熱さ、パワーを毎回出会う度に感じてます。
私が探してるって?聞かれたのですか?
携帯の方に連絡入れますね。
ブログ見つけてもらってありがとう(^_^)/
【2015/05/10 10:23】 | corochami #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/05/08 20:45】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/2906-574b5604

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫