今さら聞けない!東方神起って?私の勝手なつぶやき。

 2016-02-28
みなさまアンニョン~ヒストリーを見たら東方神起ってやっぱり凄いなって

今さら聞けない!「東方神起」を私の目線で

「東方神起って人気があることは知っているし、

よく話題になるけど、なにがすごいの?」


昨年11月19日に入隊した

チャンミンへの応援の気持ちも込め、東方神起のすごいところを語る

東方神起のファン方やファン以外の方も、一緒にふり返ってみましょう!

◆東方神起とは・・・?

S.M. エンタテインメントの練習生のなかから、全員がメインヴォーカルを担当できる

実力をもつスターメンバー5人が選りすぐられ、2004年にデビュー。

日本ではエイベックスに所属し、当時まだ日本語が全くわからなかったという彼らは、

学園祭のような小さな舞台からコツコツと活動を続け、

2007年6月には、日本武道館での2日連続公演を成功させ、

ついには2009年の初の東京ドーム大舞台にも立てるビッグアーティストに大成長。

2009年の最後の紅白(>_<)

スケジュールが白紙になっていたと言ってたちゃんみん・・・。

その後人気が絶頂のときに5人グループの東方神起は活動を休止することになった

その後二人姿は見えず

私はこの時ちゃみは二度とこの世界には帰って来ないのではないかと不安だった

活動休止を余儀なくしていた間、、ドラマなどのソロでの活動も二人は静かに続けていたけど

SMタウン ライブワールドツアーのステージに二人が出るよ!との久しぶりの情報に胸が高鳴ったものだ

決して無駄な時間を過ごしてはいなかったんだとわかる

逞しく変身していた二人の姿を見た時、震えたしこれで何かが変わるかも!と嬉しくて涙が出た。

そのファンの涙や歓声を胸に二人でやれると自信を待って決意してくれた


100821 SMTOWこの日がなければ。。。。始まりはなかった





10年11月の突然の東方神起再始動宣言

紆余曲折を乗り越えながら

ゆのとちゃんみんが守るべき場所に勇気と覚悟を持って帰ってくてくれる

驚きと喜びと不安と期待と希望の光が見えた瞬間でもあったね

この部屋を初めて4日目の出来事だった。

そして待ちに待った11年1月ユンホ、チャンミンのふたりが新生東方神起として活動を再開。

新生東方神起が動き出す。

2011年1月5日韓国で東方神起の5枚目の正規アルバムニューアルバム

パワフルなダンスナンバーの「Why?(Keep Your Head Down)」、をリリース。

キレのあるダンスパフォーマンスと力強い歌声

ふたりの魅力を、存分に引き出す楽曲で再スタートを飾る時がやってきた。


CXHgASjUQAAMzGD.jpg


ゆんほとちゃんみんが「Why (Keep Your Head Down) 」で


失いかけた東方神起を復活させたのです。.






この日から東方神起の新たなるステージ、東方神起の熱き闘いが始まりました。


o0320018010960168896.gif



東方神起のメンバーはゆんほとちゃんみん。


チャンミンユンホ


地元、光州でAプラスというダンスチームで人気だったゆんほ。

中学生のときに親の反対を押し切り、地方のオーディションを勝ち抜きSMの練習生になり

練習生となっても契約まで1年かかったゆんほは、ソウル駅や公園で野宿したり、

除雪のアルバイトをするなど苦労した

「人一倍責任感が強く、男らしい性格で、リーダーとして東方神起を引っ張ってきたユンホ

明るく天真爛漫でいつも前向き、何事にも全力投球。」(GQ JAPANより)



image192.jpg



一方、中学の体育の授業でバドミントンをしているところスカウトされ、

「BoAに会えるかも!」と喜ぶ母に連れられオーデションを受けたチャンミン。

踊れと言われてもどうすればわからなく軍隊拍手をしただけで合格

即、事務所と契約。このころはまだ原石

父親との約束を守り、学業も怠ることなく教科書を持ち歩く勉強家

「ちゃんみんはゆんほより2歳年下だが、落ち着いていて風格がある。

ノーブルでクールな表情の内側に、爆発的なパワーを秘めている、

ネコ科の美しい野獣のような魅力の持ち主」(GQ JAPANより)


苦労なく入ってきたちゃんみんに、ゆんほは「続かないなら、すぐに辞めろ」と言ったのは有名な話

元来の負けず嫌いの性格の持ち主だったちゃんみん

その後のちゃんみんの努力の成果、成長は言うまでもないですよね。



image172a.jpg



再始動が決まり華がない、地味な二人が・・・・など悪態や要らぬ噂も流れ聞こえてきて

相変わらずの被害者ぶりと身勝手さに憤りも感じたが

周りの言葉に惑わされずただ二人の言葉と信念、行動だけを見て信じてきた

そんな外野の騒音も一瞬にかき消してしまうぐらいに(((o(*゚▽゚*)o)))

再び姿を現した東方神起は、私達の想像をはるかに上回る圧倒的なパフォーマンスと

新たな魅力をまとって私達の前に堂々とした勇姿を現してくれた。

咲き誇る二人を前に悔しがった人もいたはず (´0ノ`*)お~お~ほっほっほっほ!! 

「大変だった時間があったから今の地位と今の僕達が存在すると思っている。

僕は思い出を否定することはできない。」とのちの正直なちゃみの言葉

私も過去は否定もしない、私にとっても過去は楽しい思い出。

しかし誰もが想像しなかった苦悩と試練!

それが幸か不幸かファンも強くたくましく、見る目も成長させてくれたのも事実。

声を大にして言おう!!

ゆんほ、ちゃんみん、この二人が東方神起。


2116ビギカレンダー34


お互いを頼りにファンにも変わらない心で夢をあきらめなかった二人

『東方神起』という居場所を休むことなく全力で守り

走り続け大きく成長させてきてくれたゆんほとちゃんみん東方神起の二人。

その凄さをこれからゆっくり私の目線、私の勝手なつぶやきで語っていこうと思う。


0104.jpg
♡♡東方神起のちゃんみんを愛し応援しています。
お手数ですがちゃみ活参戦皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~!


スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/3050-39e89ea0

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫