170708 SM TOWN in SEOUL 東方神起ユンホがおかえり!!

 2017-07-08
みなさまアンニョン~今日はSM TOWN in SEOUL

ありがたいことにLIVEをちょっとだけ見れて久しぶりに興奮した。

ゆの君お帰り!!

ありがとう!!やっぱり君は只者ではなかった!!

おかえり














170708 SM TOWN in SEOUL
170708 SM TOWN in SEOUL 2


ゆのソロ
DROP





DENvpGZUQAApNgr.jpg
DENvpGfVwAILVdK.jpg


事前にちゃんみんから連絡が来たって?

ヒョンの全部を見せてあげてってちゃんみんから言われたって

ちゃみなぁ~ゆのヒョン間違いなく怪物になって帰ってきたよ

きっとちゃんみんも見てたよね・・・・エネルギーが爆発してた

ただそのエネルギーに生地が負けちゃたけどね(;^ω^)

衣装さんに喝!!

ゆの君の気迫とほとばしるエネルギーに耐える衣装をお願いしたい。

ゆのくん~お帰り!!

DEODXl2UQAEyn2C.jpg


ゆの君、お疲れ様

ゆの君らしい優しいいい顔


良い顔や


2017/07/08 に公開(お借りしましたありがとうございます)

2017年7月8日撮影。
みなさん!本当にお待たせしました~王の帰還、キングユノが帰ってきました
~SMTOWNに戻ってきたユノのステージ、新曲[ドロップ」です。多くの方が知っていると思いますが
曲の途中でユノの衣装の下半身が破けてしまい
パンツと太ももがかなり見えてしまったステージだったんです。
動画をアップするのはどうしようか迷ったのですが、アクシデントの部分をできるだけカットして
アップすることにしました。このアクシデントはユノ自身が一番ショックだっただろうし、
ガッカリしたのではないでしょうか。ユノに嫌な思い出にしてもらいたくないし、
最高にカッコイイ王だったから動画を編集することにしました。
戻ってから作業して出来たのでとにかく早くアップしたいと思ってすぐにアップしました。
だからかなり疲れた。。。。。。他のユノはまた明日以降にアップしますね。
見えてしまったパンツは完全にカットすることができなく、少しだけ映っていますが
一部どうしても丸見えになっているダンスシーンがあって泣く泣くカットしました。
全部見たかったというファンの方もいると思いますが、今回は私自身が恥ずかしい姿になった
ユノをアップしたくなかったし、ユノ自身も映して欲しくないと思っていると思うので編集しています。
どうぞご理解ください。ユノのカッコいいダンスにお笑いは必要ないですよね?
とにかくユノ王のステージを堪能してください。


DEN5g5KUwAA35JX.jpg


映像上げて下さった方の愛を感じます。

思わぬアクシデントには見ていて本当に驚いたけどゆのは少しもたじろぐこともなく

気迫あふれるステージを最後までやり切ったゆのはさすがだ。

待っていた王の帰還そのものだった。



20140808gif.gif
いつもお訪ねいただきありがとうございます。
ちゃみ愛増々沸騰中!!
今年も皆様の愛をポチっポチっとお頼みいたしますぅ~。



スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント
KA**さんこんにちは。
あれはありえないレベルでした。あれはプロの仕事ではないです、
その中、ゆのは本当に頑張りました。
王の帰還を実感しました。

お尋ねのエンディングの方ですが、
SMエンターテイメント所属の放送人兼ジャズボーカリストのイドンウさんと教えて頂きました。
そこから調べさせてもらったら初めはSBS公採2期コメディアンだったそうで
201011月SMエンターテイメントが披露する初の創作劇
『オープンユアアイズ(Open Your Eyes)』の舞台に立たれたそうです。
Tin Tin FiveのMV
優しい声で歌っておられてYouTubeで検索すると出てきます。
チャンミンも「心で世界を見ていらっしゃるドンウヒョンのOpen your eyes・・・」と
メッッセージもありました。
2010年のSMTの記者会見にも出ておられました。
また足りない部分はお調べくださいね。

あの日のゆのを見てたらちゃんみんが恋しかったです。
たぶんその噂は本当じゃないかな(*^。^*)
早く二人に逢いたいね。
【2017/07/11 14:50】 | corochami #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2017/07/10 00:05】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/3355-dab9dc1b

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫