FC2ブログ

明けましておめでとうございます。今年もちゃみに夢中❤

 2019-01-02
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年越しのMBC妖艶ちゃみにノックアウトされ
マイク手に宝塚ばりの階段降りちゃみ4次元シャウトに頭の先まで突き抜かれ
シュウミン君のお口あんぐり気持ちが私も手に取るようにわかり(*^▽^*)
東方神起の15年の積み重ねの素晴らしさが画面からこぼれ落ちるように溢れてました
この二人の生き様と絶え間ぬ努力は後輩たちのお手本になるに違いない
こんなにも東方神起が見る人を長く引きつけてやまないのは
ステージ上の二人の素晴らしさ、ダイナミックで力強さの中にエレガントで繊細さもあり
ゆのとちゃみの異なるキャラクターの混在が最大の魅力になってて
それが歳も国も越えて出会った人を惹きつけるんじゃないかなって
この二人が東方神起を選択してくれたのは天が定めた運命やったんやね。
ゆのとちゃみが東方神起を続けてくれる限りファンの片隅で見守り応援していこうと思った。
そのためにも今年も健康第一、そして平和主義で(*^^)v

チャンミンの 「ううううううう2


Woo Woo Woo Woo~🎶

この呪文かけてささやいたなら僕から離れない

そう!呪文かけられたら私はちゃみの思うがまま 

間違いなく、今年もちゃみに夢中

だってこの出会いは私達の運命だもの。

今年もみなさん~一緒に #ちゃみ #チャミ しようね




スポンサーサイト
blogramで人気ブログを分析 にほんブログ村 芸能ブログ 東方神起へ
にほんブログ村
タグ :
コメント
エム子さんあけましておめでとうございます。
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
そして、今年初コメもありがとう(*^^)v
MBC最高だったね。
東方神起の魅力が画面から溢れ出してました。
最上級のステージそのものだった。
2018年の良い締めくくりになりました。

ちゃんみんのあの艶っぽさったら
再始動から色んなちゃみを見てきたけど
MBCのちゃみは怖いくらいの妖艶さだったわ。
もう脳内ちゃみ!ちゃみ!ちゃみ!(笑)
それに運命のあのちゃみの迫力の高音
シウミン君と思いが一つになる瞬間だったわ(@_@)
猫と可愛く戯れてた可愛い子がこんなにいい男になって
私達に先見の明があったよね
スカウトしてくれた方には足を向けて寝れない、、、方向はわからないけどwww
Mさん繋がりのご縁だけどいつもMさんより先に見つけていただくよね
きっと前世からのご縁なのかも(^^♪
このご縁大事にしたいです。
今年も健康第一にちゃみちゃみで楽しい1年にして行きましょうね
よろしくお願いします。


【2019/01/03 14:59】 | corochami #- | [edit]
ころちゃみさん♡♡
あけましておめでとうございます❣
今年も宜しくお願いします♡♡

MBCも〜めちゃよかったですね!
他はほぼ見てないけど別格的ー♡♡
まだまだだよね?て思い、ソファにiPad放り投げて、出たらわかるように音量あげていたらいきなり出てきて!もう娘と、ママ、キターーーーーー❣てギャーギャー言いながら見ました♡♡
もうゆのもちゃんみんもめちゃかっこよくて、素敵すぎました❣KINGとPRINCE♡♡
ちゃんみんがほんと綺麗すぎて、、
目の保養か毒が分からない、、、(ŏ﹏ŏ。)
ビギアゲから日産からアスコンまでちゃんみんて、目に見えて男度上がってませんか?もー1日中頭の中ちゃんみんしかなくて、他のことがなかなかできません(笑)

除隊後からすぐに活動してくれて、去年は沢山ライブしてくれてほんとビギはシアワセですね♡♡

去年も京セラで2日間ちゃんみんに逢えて今年も京セラでちゃんみんに逢えて最高💓💞と思いつつ、最高にかっこよかったアスコンが終わる淋しさ、、、あります(ŏ﹏ŏ。)

あ、でも兵役中思いました。
いつもツアー終わりは寂しくて泣いてたけど←以外に乙女心(笑)
泣くことなかったのに!て。毎年ツアーにファンイベにSMにエーネにしてくれて、1年中シアワセだったのにー。て2人が居ない時すっごく感じました(ŏ﹏ŏ。)
でも帰ってきたら、またその気持ち忘れてしまう馬鹿者です(笑)
これもちゃんみんがかっこいいから💜
ちゃんみんのせいにしときます(笑)
アスコンちゃんみんはTONEちゃんみんが更に進化した感じで最高に大好きです♡♡

ころちゃみさん今年もちゃんみん♡♡ちゃんみんしましょう♡♡

あ、ビギアゲの名古屋ドームもですが、先日の京セラで、なぜか偶然にいつもころちゃみさんを見つけてしまいます❣
Mさんから何故いつもーて言われました(笑)

【2019/01/02 14:40】 | エム子 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://daiki305.blog.fc2.com/tb.php/3621-61dfe6a1

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫